加齢と夜間尿量の関係

よく加齢と尿量は、深い関係があると言われています。

よく加齢とともに、夜間の排尿が増えてきて、ぐっすり眠ることが難しくなってきているとうったえる方がいます。

この場合の夜間の排尿が増えたというのは、最低でも1回以上夜間に目が覚めて排尿に行くということであり、そのことによって安眠が妨げられている状態であるということなのです。

ではこの加齢とともに、増えると言われる夜間排尿の増加というのは、尿量の増加というのが深く関係しているのでしょうか。

加齢による夜間の排尿の増加というのは、たしかに尿量が増えたことも原因であるとされていますが、その他にも「過活動膀胱」であるとか「睡眠障害」などの原因であるとされています。

原因は尿量の増加だけではなかったのです。

では尿量の増加として考えられえる理由というのは一体何かというと、通常夜間というのは視床下部から出される排尿をしろいうと信号や、抗利尿ホルモンが排尿をするなという分泌指令を出すために尿量は減ります。

ですが加齢により、この抗利尿ホルモンというのがガクッと減ってしまい、いつでも分泌量が減るのです。

さらによくテレビなどで水分を摂取しようという言葉が聞こえてくると、歳を重ねた人は積極的に摂らないとと判断して水分を過剰に摂ってしまいがちです。

また足のむくみも、夜間の尿量に深く関係してくるとされています。

このように加齢と共に尿量が夜間に増えてしまう原因がいくつかあり、それにより夜間頻尿になってしまうのです。

 Post details 

Categories: Uncategorized 未分類
Tags: No Tags
Published on: 7月 17, 2014

 © 2017 - おねしょ攻略ガイド